Home>アーカイブ>ヘモグロビンa1cの数値を下げて健康的な体を取り戻そう!

糖尿病について

日本でも患者さんの数が多いといわれ、問題となっているのが糖尿病です。糖尿病とは、体内で分泌されるインスリンの働きが不十分になってしまうことで、血液中を流れているブドウ糖と呼ばれる血糖が増えてしまう病気です。糖尿病を放置してしまうと様々な合併症が引き起こさる可能性があるので、早めに改善しておくことが大切です。

糖尿病の主な初期症状

  • よく喉が渇くようになる
  • トイレに行く頻度が高い
  • 体重が急激に減少する
  • 疲れやすくなる

ヘモグロビンa1cの数値を下げて健康的な体を取り戻そう!

サプリメント

ヘモグロビンa1cってどんなもの?

体内の血液中にある酸素を全体に行き渡るように運搬していくのがヘモグロビンA1c物質とされており、ヘモグロビンと糖が一緒にくっついた状態のものです。このヘモグロビンA1cは、糖尿病検査において血糖値の状態を見るために数値化され検査に利用されています。検査では、ヘモグロビンA1cの数値が、5.8%未満だと正常値であるため、糖尿病と診断されることはありません。しかし、血糖値が上がりヘモグロビンA1cの数値が6%以上だと糖尿病の可能性があると診断されることもあるため注意が必要となります。

ヘモグロビンa1cを下げるための方法

ヘモグロビンa1cの数値を正常値まで下げるには、日々の食事に気をつけたり、適度に運動をしたりするのがよいとされています。食事においては、脂肪やカロリーなどを抑えた食事を行なうのがベストとされています。そのため、甘いものや油ものの食材を控えたり、栄養バランスを考えて野菜を食べたりするのがよいでしょう。また、毎日の食事の時間を統一したり、夜9時以降の食事をなるべく控えたりすること大切です。更に運動では、1日30分から1時間程度のウォーキングでも十分な効果が得られるとされているので、実践してみるとよいでしょう。

広告募集中